今日のセカンドオピニオン

甲状腺検査で見つかった「のう疱」との付き合い方

  • 文字
  • 印刷

Q 甲状腺の検査で「のう胞」が見つかりました。バセドウ病などの心配はなく、医師からは「必ずがんになるわけではない」とも説明されました。このまま経過観察でよいのでしょうか。(大阪市、女性、73歳)

A 定期的な検査が大切です。

 甲状腺はのどの下にあり、代謝に関わるホルモンを分泌します。甲状腺機能に異常が起こりホルモン分泌が過剰になると、動悸(どうき)が激しくなり疲れやすいバセドウ病を、ホルモンが不足するとむくんだり皮膚が乾燥したりする橋本病などの病気を起こします。その他、甲状腺の機能には異常がないものの、腫れやしこりができる形の異常もあります。

 形の異常の多くは転移しない良性の腫瘍です。中でも甲状腺に袋ができ、血液や体内の水分がたまった状態が…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文926文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら