医療・健康Tips

病院の紹介状って何が書かれているの?

  • 文字
  • 印刷

 大学病院や総合病院などを初めて受診するとき、一般的にかかりつけ医からの紹介状が必要になります。紹介状がないと診察費とは別に料金がかかることは知られていますが、厳重に封印され患者本人も開けられない紹介状、いったいどんな内容が書かれているのでしょうか? 紹介状についてまとめてみました。

 病院の紹介状は、正式には「診療情報提供書」と呼ばれます。高度でより専門的な医療技術が必要になったり、大きな手術を受けなければならなくなったりするときに、かかりつけ医から大学病院や総合病院に転院する際に必要になります。簡単にいうと、「こちらで診察していた患者さんをこのような理由で紹介しますので、以降の検査・治療をよろしくお願いします」という書状になるのですが、中身は手紙だけではありません。

 紹介状には、患者の基本情報(氏名、生年月日、性別、住所など)、疑われる病名、主な症状や病状、それま…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1663文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら