ヘルスデーニュース

隔日の断食で減量できたが「勧めない」の声も

  • 文字
  • 印刷

 1日断食したら翌日は好きなものを食べるという「1日おき断食」ダイエット法は、減量に効果的かもしれない。健康だがわずかに過体重の成人が、1日おきの断食をたった1カ月続けただけで約3kgの減量に成功したという研究結果を、グラーツ大学(オーストリア)分子生物学教授のFrank Madeo氏らが「Cell Metabolism」9月3日号に発表した。

 このダイエット法は断続的断食法(intermittent-fasting)の一種で「1日おき断食法(alternate day fasting;ADF)」と呼ばれ、好きなものを食べる日と断食する日を交互に繰り返すもの。Madeo氏らは今回、健康で肥満はないが、わずかに過体重の基準を超える60人の成人を対象に研究を行った。研究では、参加者の半数を、2日間のうち最初の12時間は好きなものを食べ、その後36時間は断食することを繰り返すADFを1カ月間継続する群に、残る半数を普段通りの食生活を送る群にランダムに割り付けて観察した。

 その結果、普段通りの食生活を送った群では約220gの体重増加が認められたのに対し、ADFに取り組んだ群では体重は平均4.5%減少した。さらに、ADF群では、コレステロール値が低下するなど心血管リスク因子の改善も認められたという。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1583文字)