医療プレミア特集

がん患者のアピアランス「敏感肌を守る方法」

吉永磨美・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 がんの治療による副作用で、肌や髪、皮膚などが変化し、多くのがん患者を悩ませています。連載の前回では治療で脱毛した部位のお手入れ方法について、がん患者向けのビューティーサロン「セレナイト」(東京都中央区)を運営するがん患者のさとう桜子さんから教えていただきました。今回は、がん患者の敏感肌について取り上げます。秋の行楽シーズンを迎える中、日焼け対策や入浴の方法、肌に負担のかからない下着の着け方など、さとうさんに聞きました。

 ――抗がん剤治療などの副作用で、肌が敏感になることは知られています。がん患者は、具体的にどのような…

この記事は有料記事です。

残り2947文字(全文3209文字)

吉永磨美

毎日新聞 医療プレミア編集部

よしなが・まみ 1972年生まれ。98年に毎日新聞社入社。横浜支局、東京本社地方部、社会部、生活報道部などを経て、2016年4月から現編集部。近年は「おんなのしんぶん」や連載「ガラスの天井」を担当しながら、女性や難聴など見えない障害をテーマに記事を執筆してきた。