ヘルスデーニュース

糖尿病の血糖管理「行き過ぎ」に米国で警鐘

  • 文字
  • 印刷
指先に測定器をつけて血糖値を測る様子
指先に測定器をつけて血糖値を測る様子

 高齢や複数の疾患がある場合など、ガイドラインで血糖管理目標の緩和を考慮すべきだとされる糖尿病患者に対しては、インスリンによる厳格な血糖管理が行われ、患者もそれを望みがちだという実態を報告した2本の論文が、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に掲載された。

高齢の糖尿病患者2万人余を4年間追跡

 一つ目の報告は、米国の医療保険団体の1つである「カイザーパーマネンテ」のRichard Grant氏らが、75歳の高齢2型糖尿病患者2万1531人(女性48.3%、インスリン療法18.9%)の医療記録を最大4年間追跡したもの。

 対象者を健康状態で、良好(併存疾患が2つ未満、または2つで身体活動性が保たれている)、中等度(併存…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1634文字)