あなたのおくすり手帳

塗り薬や目薬の「今さら聞けない塗り方、さし方」

高垣育・薬剤師ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「塗り薬を症状があるところに塗るように言われました。指で塗っていいんですか? 量は?」。薬局では、塗り薬を処方された患者さんにしばしばこう聞かれます。また、薬局の待合室などで目薬をさしている人を何気なく見ていると、パチパチまばたきをする方、目を閉じて目頭を押さえる方など、さし方はさまざまです。適切なさし方は点眼後どうするのが良いのでしょうか。身近な外用薬ですが、正しい使い方について改めて考えてみると意外と知らないことがあるようです。そこで今回は「今さら聞けない外用薬の使い方」を確認してみましょう。

この記事は有料記事です。

残り3055文字(全文3307文字)

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。