今日のセカンドオピニオン

医師は「問題ない」? 不安な「隠れ脳梗塞」

  • 文字
  • 印刷

Q 「隠れ脳梗塞(こうそく)と診断され、医師には「問題ありません」と言われました。しかし、夫は脳梗塞を発症した後、脳出血に。私も不安です。(岐阜県、女性、77歳)

A 脳梗塞を予防する上で重要なのが、動脈硬化の最大リスクである血圧の管理です。高血圧症ならば、まず治しましょう。糖尿病、喫煙、脂質異常症も動脈硬化を悪化させます。

 脳梗塞は血の塊で脳の血管が詰まり、脳細胞が死ぬ状態です。隠れ脳梗塞は、磁気共鳴画像化装置(MRI)で見つかる症状のない脳梗塞を指し、医学的には「無症候性脳梗塞」と言います。検査で見つかる異常には、ごく軽度の場合には老化現象の一種でほぼ心配のいらない「大脳白質病変」もあるので、どれに該当するか確認してください。

 動脈硬化からの脳梗塞には抗血小板薬、不整脈である心房細動からの脳梗塞の再発予防には昔から使われるワーファリンや食べ合わせを心配せずに済む直接経口抗凝固薬など、血液をさらさらにする薬が使われます。ただし、動脈硬化で血管が傷んでいると、血管が破れる脳出血も起きやすくなります。主治医と薬の必要性について相談し、禁煙や塩分控えめの食事、体力に応じた運動を心がけてください。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文862文字)