医療・健康Tips

がん治療による「見た目の悩み」に寄り添う

  • 文字
  • 印刷

 がんの治療によって、毛髪が抜けるなどの外見の変化が起こってしまったことで悩む人は少なくありません。こうした見た目の変化に対して専門的なケアの必要性が認識され、支援センターを設ける医療機関も出てきました。

 アピアランスケアとは、がんやがんの治療などによって起こる外見の変化に対して、カバーする方法をアドバイスしたり、心理的な苦痛を軽減したりするケアのことを指します。かつては、悩みをもつ患者の気持ちに対応するような取り組みは行われていませんでした。

 徐々に、患者の生活の質(QOL=クオリティ・オブ・ライフ)の重要性についての認識が広まり、がんやがんの治療による外見の変化が、患者の心の負担となることが理解されるようになりました。化学療法が外来で行われるようになるなど、がんの治療中も社会で普通に生活する患者が増え、さらに外見が気になる場面も増えてきています。

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1472文字)