どうする健康格差社会

高所得者ほど健康? 格差縮小のためには

近藤克則・千葉大学予防医学センター教授
  • 文字
  • 印刷

 健康教育や保健指導は、どんなものでも望ましいように思える。しかし、やり方によっては健康格差をむしろ拡大する。「健康格差の縮小」が国内外で政策目標になった今、健康教育も見直しを迫られている。

 保健指導では、まず指導の対象となる危険因子を持った人を健診などで選び出す。調べると、学歴も所得も高く、健康な人ほど健診や健康教室に足を運ぶ傾向がある。健康な人がますます健康になれば健康格差は広がってしまう。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1186文字)

近藤克則

千葉大学予防医学センター教授

1983年千葉大学医学部卒業。東大医学部付属病院リハビリテーション部医員、船橋二和(ふたわ)病院リハビリテーション科科長などを経て日本福祉大学教授を務め、2014年4月から千葉大学予防医学センター教授。2016年4月から国立長寿医療研究センター老年学評価研究部長。「健康格差社会ー何が心と健康を蝕むのか」(医学書院2005)で社会政策学会賞(奨励賞)を受賞。健康格差研究の国内第一人者。