実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

インフルのワクチンは「弱者を守るため」に打つ

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
インフルエンザワクチンの接種を受ける男性
インフルエンザワクチンの接種を受ける男性

 今年は早くも、沖縄県や九州、そして東京都などでインフルエンザがはやり始めました。そこで今回は、インフルエンザ対策の「世界標準ルール」をお話ししたいと思います。そのルールとは「検査も治療も不要。必要なのはワクチン」です。けれども、日本では「ワクチンは打たないけれど、かかったら病院に行って検査と治療を受ける」と、このルールの反対を考えている人が大勢います。今回は「世界標準ルール」を学ぶべき理由を述べたいと思います。

 インフルエンザの検査は不要、治療も不要……。これはこの連載で私が過去に述べ、そして現在も言い続けていることです。

 詳しくは過去のコラムをみていただくとして(参照:「医師がインフルエンザの検査を勧めない理由」「『休めない』人はインフルエンザの薬を使うべきか?」など)、理由のポイントだけを述べておくと、検査の精度は高くない▽健常者には抗インフルエンザ薬は不要▽そもそも世界的なコンセンサスは「持病を持っていない65歳未満の成人は軽症ならインフルエンザの検査も治療も必要ない」である――などです。

この記事は有料記事です。

残り2979文字(全文3434文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト