無難に生きる方法論

定年後 「ある」しんどさ、「ない」つらさ

  • 文字
  • 印刷
 
 

 内閣府が2014年度に行った「高齢者の日常生活に関する意識調査」によると、75歳未満の方たちの半分以上は自分が高齢者と思っていないようです。そのために、65歳から75歳未満までの高齢者を准高齢者として仕事や社会活動にがんばってもらおうという方針になってきています 。

 秋は来年の退職を控え、意向を聞かれる季節でもあります。給料が安くても嘱託として残る方もいらっしゃいます。ある方は給料も安いので退職してゆっくりしたいと考えています。私の外来でも、ゆっくりしたいから退職することを考えている人がいます。そんな時には、退職後のプランをよく聞くようにしています。

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1492文字)