ヘルスデーニュース

認知症患者を落ち着かせる「野外活動やマッサージ」

  • 文字
  • 印刷

 認知症患者でひんぱんにみられる焦燥性興奮(アジテーション)や不安、攻撃性などの症状は、介護者にも大きな負担を強いる。そうした中、認知症患者の攻撃性やアジテーションの軽減には、野外活動やマッサージなどの非薬物療法の方が、薬物療法よりも有効性が高い可能性が、セント・マイケルズ病院ユニティ・ヘルス(カナダ)のJennifer Watt氏らの研究で示された。詳細は、「Annals of Internal Medicine」10月14日号に発表された。

この記事は有料記事です。

残り1491文字(全文1716文字)