医療・健康Tips

いつ現れてもおかしくない 男性の更年期の症状と対策

  • 文字
  • 印刷

 気分の落ち込み、ほてり、イライラ、不眠……男性にも起こり得る「更年期障害」。加齢やストレスによる男性ホルモンの減少が引き起こす症状です。女性の更年期障害と同じなのでしょうか。どのような治療法があるのでしょうか。

 順天堂大学医学部付属順天堂医院泌尿器科、堀江重郎教授に伺いました。

ーー男性にも更年期障害があるのですか? どのような病気ですか?

 原因になる病気がないのに、発汗やほてり、疲れやすいなどの体の症状や、やる気が出ない、イライラする、眠れない、性欲が減退するなどの精神的な症状が現れます。これらの症状が女性の更年期障害の症状に似ていることや、発症に性ホルモンがかかわっていることから、「男性の更年期障害」と呼ばれています。医学的には、加齢男性性腺機能低下症(LOH症候群)といいます。 

この記事は有料記事です。

残り3259文字(全文3606文字)