ヘルスデーニュース

元プロサッカー選手は脳の病気での死亡リスクが高い

  • 文字
  • 印刷

 元プロサッカー選手はアルツハイマー病やパーキンソン病などの脳の疾患が原因で死亡するリスクが著しく高いとする研究結果が、英グラスゴー大学のWilliam Stewart氏らにより発表された。研究では、元プロサッカー選手は一般人口と比べてこうした神経変性疾患を原因とする死亡率が約3.5倍高いことが示された。研究結果の詳細は、「New England Journal of Medicine」10月21日号に発表された。

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1539文字)