ヘルスデーニュース

米で電子タバコ関連の肺疾患が1888件に

  • 文字
  • 印刷

 米疾病対策センター(CDC)は10月31日、電子タバコの使用に関連した重篤で死に至る可能性もある肺疾患の報告が1888件に達したと発表した。1週間前の1604件から急増し、アラスカ州を除いた全ての州から症例が報告されているという。

死者は37人、詳しい原因はまだ不明

 報告によれば、電子タバコ関連の肺疾患による死亡者数もこの1週間で3例増加し、24州およびコロンビア特別区から累計37例の報告があった。死亡者の年齢は17~75歳で、平均年齢は49歳であった。

 今回はこれらの肺疾患を引き起こす要因に関する新たなデータは発表されなかったが、CDCは先週、報告さ…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1461文字)