ヘルスデーニュース

子ども時代が過酷だと成人後に慢性病になりやすい

  • 文字
  • 印刷

 子どもの頃に家庭内暴力などの過酷な体験をした人は成人後の慢性疾患のリスクが高いという報告が、米疾病対策センター(CDC)発行「Vital Signs」11月5日オンライン版に掲載された。もし子どもの頃に精神的衝撃となる体験を防ぐことができたなら、成人後の慢性疾患の罹患や人生後半の経済的問題などの多くを回避できるという。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1401文字)