環境と健康の深い関係

鳥や魚の生態乱す「ネオニコ」 人体からも

遠山千春・東京大学名誉教授(環境保健医学)
  • 文字
  • 印刷
渡り鳥のミヤマシトド=米国オレゴン州で
渡り鳥のミヤマシトド=米国オレゴン州で

 前回の記事では、「ミツバチの群れの崩壊と大量死は、共にネオニコチノイド系殺虫剤(ネオニコ)が原因であること」「毒性はアカトンボなど他の益虫に及んでいること」「ネオニコの毒性についての重要な情報が、国の専門委員会報告書などに記載されていない上、情報の肝心な部分が『白抜き』で非開示なこと」などを指摘しました。今回は、ネオニコによって魚類や鳥類で異常が観察される事例や、子どもたちの体内に既にネオニコが蓄積していることを紹介します。ただ、農薬は農業経営に必要であるとの主張にも一定の理があります。野菜や家畜にとっての農薬は、人にとっての医薬品のようなものだからです。複雑で根が深い問題ですが、生態系と人において想定外のことが起きる可能性について、一緒に考えてみましょう。

 ネオニコは、病害虫を駆除する目的で開発されました。昆虫の神経に作用して情報の伝達を乱し、虫の体を制…

この記事は有料記事です。

残り3754文字(全文4138文字)

遠山千春

東京大学名誉教授(環境保健医学)

とおやま・ちはる 1950年、東京都出身。東京大学医学部保健学科卒、ロチェスター大学大学院修了。筑波大学、北京大学、中国医科大学の客員教授。医学博士、Ph.D。国立公害研究所(現・国立環境研究所)領域長、東京大学医学系研究科疾患生命工学センター教授を経て、2015年4月より「健康環境科学技術 国際コンサルティング(HESTIC)」主幹。世界保健機関、内閣府食品安全委員会、環境省などの専門委員、日本衛生学会理事長、日本毒性学会理事、日本医学会連合理事などを歴任。