ヘルスデーニュース

1日10分の運動でも認知機能によい

  • 文字
  • 印刷

 1日わずか10分の運動で認知機能を良好に維持できる可能性が、フラミンガム研究から報告された。米ボストン大学のNicole Spartano氏らが発表した研究で、詳細は「Alzheimer's & Dementia:Translational Research & Clinical Interventions」10月号に報告された。

 フラミンガム研究は、米マサチューセッツ州で1948年から行われている大規模疫学研究。当初からの参加者に加えその子孫も対象とし、健康状態や生活習慣について現在も追跡が続けられている。Spartano氏らは同研究の参加者2770人を対象に、中年(平均年齢48.7±8.6歳)および高齢(同71.3±7.6歳)のグループ別に身体活動量や強度と認知機能の関係を検討した。

 その結果、いずれのグループも1日約10~20分の中等度~高強度の身体活動を行っている人で、良好な認知機能との関連が認められた。(中等度の運動とは、運動中に会話はできても歌は歌えない程度の強さの運動、たとえば時速4kmで歩くなど。)また、中年グループでは、わずか10分の中等度~高強度の身体活動を行っている人でも言語記憶が良好だった。高齢グループでは、身体活動の強度ではなく、総活動量が認知機能の高さ…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1492文字)