今日のセカンドオピニオン

加齢黄斑変性 注意点は

  • 文字
  • 印刷
 
 

Q 昨年、右目が加齢黄斑変性の初期と診断されました。視力回復の可能性や、読書する際の注意点などについて教えてください。(山形県、男性、88歳) 

A 目の網膜の中央には「黄斑」という、ものを見るために必要な細胞が集中している場所があります。この黄斑が傷つくと、視覚にいろんな異常が生じます。加齢黄斑変性は、年齢とともに黄斑に異常を来す目の病気です。ものがゆがむ、真ん中が暗く見えるといった症状が表れます。

 50歳以上の人がなりやすく、70歳以上になると急に増えます。片目に発症することが多く、両目で見ると健康な方の目が視力を補うため、症状が進むまでなかなか自覚できません。 加齢黄斑変性には、老廃物が黄斑にたまり、網膜が栄養不足に陥る「萎縮型」と、…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文809文字)