ヘルスデーニュース

米国で好評「月曜は肉を食べない日」

  • 文字
  • 印刷

 自分が食べるものと気候変動との関連に対する意識を高めるために、毎週月曜日を肉を食べない日にする「ミートレスマンデー(肉なし月曜日)」運動に参加した人の多くは、運動終了後もこの習慣を継続させていることが、ジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のBecky Ramsing氏らの研究で明らかになった。この研究結果は米国公衆衛生学会(APHA 2019、11月2日~6日、米フィラデルフィア)で発表された。

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1401文字)