医療プレミア特集

「親子の幸福論」を語り合う 読者交流イベント

  • 文字
  • 印刷
毎日メディアカフェイベントの「『定時で帰ります』が守る子供の心と体〜親子の幸福論〜」で、参加者と語り合う可知さん(左)と天野さん
毎日メディアカフェイベントの「『定時で帰ります』が守る子供の心と体〜親子の幸福論〜」で、参加者と語り合う可知さん(左)と天野さん

 「『定時で帰ります』が守る子供の心と体~親子の幸福論~」が26日、毎日メディアカフェで開催されました。毎日新聞ニュースサイトの「医療プレミア」でコラム「“子ども食堂”の時代-親と子のSOS-」を連載している北里大医学部の可知悠子講師と、子育て当事者の声を集め、国などに対して提言している「みらい子育て全国ネットワーク」(みらこ)の天野妙代表が語り合いました。

 可知さんは東京大大学院医学系研究科博士課程修了。2006年から10年間、臨床心理士として子どもや女性のカウンセリングにあたり、帝京大医学部衛生学公衆衛生学講座助教、日本医科大衛生学公衆衛生学教室助教を経て、18年4月から北里大医学部公衆衛生学単位講師。共著に「子どもの貧困と食格差~お腹いっぱい食べさせたい」(大月書店)。自身も3歳児の子育て中。労働者とその子どもの健康の社会格差をテーマに研究して…

この記事は有料記事です。

残り4115文字(全文4495文字)