ER Dr.の救急よもやま話

若者に嫌われない「忘年会でのお酒の飲み方」

志賀隆・国際医療福祉大准教授/同大病院救急医療部長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 そろそろ楽しい忘年会シーズンですね。今回は「忘年会を楽しく終えるには」についてお話をしたいと思います。というのも、私自身、新人だったころに「飲みにケーション」に苦労したことがあったからです。令和時代の忘年会や飲みにケーションについて考えてみたいと思います。

飲まないと話が進まない?

 2001年の夏、私は初期研修医をしていました。その当時はローテーション(さまざまな診療科で次々と研修する制度)で、ある忙しい診療科におり、先輩たちが出勤しての回診は朝の7時からでした。初期研修医はその前、朝の5時半から仕事をしていました。担当している50人の患者さんに、点滴や薬の処方を済ませておくのです。

 その後、回診や処置の業務を終えると、仕事が終わるのはだいたい午後9~10時ごろでした。終われば自分…

この記事は有料記事です。

残り2213文字(全文2558文字)

志賀隆

国際医療福祉大准教授/同大病院救急医療部長

しが・たかし 1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長などを経て19年9月から国際医療福祉大学病院救急医療部長(同大医学部救急医学講座准教授)。安全な救急医療体制の構築、国際競争力を産み出す人材育成、ヘルスリテラシーの向上を重視し、日々活動している。「考えるER」(シービーアール、共著)、「実践 シミュレーション教育」(メディカルサイエンスインターナショナル、監修・共著)、「医師人生は初期研修で決まる!って知ってた?」(メディカルサイエンス)など、救急や医学教育関連の著書・論文多数。