人生の筋トレ術

先駆者は日本人? 薄毛治療の最前線

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 マサトさん(51歳)は悩んでいる。どうやら、年齢とともに薄毛が進行していく男性型脱毛症(AGA:Androgenetic alopecia)になってしまったようなのだ。おかげで最近、風の吹く日は外出しづらいし、女性の同僚とエスカレーターで移動するときは、頭頂部を見られないよう、先に乗ったり後に乗ったりと気を使う。「へそくりをはたいて植毛したほうがいい?」「いっそのことスキンヘッドにしてみる?」などなど、思いは千々に乱れるのであった。

この記事は有料記事です。

残り3236文字(全文3455文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。