ヘルスデーニュース

ドローンでのAED輸送「救急隊より早く着いた」

  • 文字
  • 印刷
AEDを運ぶドローンと、研究チームを率いるCheskes氏。ドローンは高度75~90mを時速120kmで飛ぶという=撮影はDrone Delivery Canada
AEDを運ぶドローンと、研究チームを率いるCheskes氏。ドローンは高度75~90mを時速120kmで飛ぶという=撮影はDrone Delivery Canada

 無人のドローン(小型無人飛行機)と救急隊員のどちらが先に、心停止したという想定の模擬患者のもとに、自動体外式除細動器(AED)を届けられるかを競った結果、ドローンの圧勝だった――。こんな結果を、カナダのSunnybrook Center for Prehospital Medicineで診療部長を務めるSheldon Cheskes氏らが、米国心臓協会(AHA)の蘇生科学シンポジウム(ReSS 2019、11月16~17日、米フィラデルフィア)で発表した。同氏らは、ドローンによるAED輸送システムの実用化には、今後1年もかからないとの見通しを示している。

 このプロジェクトは、ドローンを活用したAED輸送ネットワークが、理論的には、人命を救える可能性があることを示した研究に基づいている。しかし、研究を率いたCheskes氏は「今回の研究から、ドローンは実臨床でも機能することが明らかになった」と説明している。

 米国では、病院外で心停止を起こす人は年間35万人以上に上ると推定されるが、そのうち生存できるのは10%程度に過ぎない。心停止患者の救命にはAEDの使用が重要とされ、近年、公共の場での設置が進められているが、Cheskes氏は「院外心停止例のほとんどは家庭で起こっている」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1568文字)