今日のセカンドオピニオン

爪の水虫 薬が効かない

  • 文字
  • 印刷
 
 

Q 手足の指や爪が水虫です。飲み薬でほとんどは治りました。ただ、手の親指は塗り薬を次々と変えて治療を続けていますが、効果がありません。(大阪府、男性、78歳)

A 治療には塗り薬と飲み薬があります。塗り薬は、爪の表面にだけ症状がある場合や初期の爪水虫には有効です。

 水虫(白癬)は、かびの一種の白癬菌に感染して起こります。足裏がかゆくなることで知られていますが、手足の爪も感染し、濁ったり厚くなったりします。日本では足水虫(足白癬)は5人に1人、爪水虫(爪白癬)は10人に1人が感染していると推定されています。爪水虫は水虫の「巣」のような状態で、足裏などへの再感染や、家族などに感染させる恐れがあり、完全に治癒させることが大切です。ただ多くの症例では、奥まで症状があり、血流から薬剤を行き渡らせる飲み…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文874文字)