ヘルスデーニュース

薬剤耐性菌での死者は年間3万5000人 米国

  • 文字
  • 印刷
抗菌薬を使う前に、患者からとったサンプルを調べ、細菌感染の有無を確認する医師
抗菌薬を使う前に、患者からとったサンプルを調べ、細菌感染の有無を確認する医師

 米疾病対策センター(CDC)は11月13日、「米国における薬剤耐性菌の脅威」を更新し、米国では薬剤耐性菌を原因とする死亡者数は幾分か減ったものの、これらの耐性菌の拡大に歯止めがかかる兆しは見えていないことを報告した。

死者数は減ったがそれでも多い

 報告書によると、これまでに進められてきた対策によって、米国における薬剤耐性菌の感染による死亡者数は6年前に比べて18%減少し、薬剤耐性菌の院内感染による死亡者数は約30%減少した。この結果について米国医療疫学学会(SHEA)会長のHilary Babcock氏は「われわれが耐性菌に対して無力ではないことを示す素晴らしいデータだ。医療疫学者や感染予防の専門家、研究者や薬剤師など、さまざまな人たちが重要な感染予防・抗菌薬管理プログラムを通じて人々の命や健康を守り、病院内の環境の安全性を高めてきた結果だ」と説明する。

 しかし、今回発表された報告書では、依然として米国内で薬剤耐性を示す細菌や真菌に感染する人は年間280万人を超え、これらの薬剤耐性菌の感染による死亡者数も年間3万5,000人に上ることが明らかにされている。これは、米国では11秒に1人のペースで薬剤耐性菌感染が生じ、15分に1人のペースで薬剤耐性菌感染による死亡者が出ていることに相当するという。

2013年は死者数を半分に過小評価していた

 さらに、薬剤耐性菌の脅威が、当初の予測よりも深刻だったことも報告されている。CDCが初めて薬剤耐性菌の報告書をまとめた2013年には、薬剤耐性菌による年間死亡者数は2万3000人と試算されていた。しかし今回の報告書では…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1702文字)