今日のセカンドオピニオン

逆流性食道炎 その予防法は

  • 文字
  • 印刷
 
 

Q 胃カメラ検査で胃の入り口が緩んでいるので逆流性食道炎に気をつけるように言われました。症状はないのですが、どう気をつければいいでしょうか。(大阪市、女性、66歳)

A チョコレートなど脂肪分が多い食品、アルコールやコーヒー、かんきつ類は胃酸の分泌を促すので取り過ぎに注意し、就寝前の食事も控えましょう。

 「逆流性食道炎」と呼ばれる病気は、医学的には「胃食道逆流症」といいます。胸焼けや酸っぱい胃酸が上がってくる感じ、喉の違和感、食後の胃もたれ、ゲップがよく出るなどいろんな症状があります。

 胃には塩酸と同じくらい強い酸があり、酸への防御機能があります。一方、食道にはそれがないため、胃酸が上がってくると胸焼けがするのです。内視鏡で異常はないが、自覚症状があると「非びらん性」、自覚症状の有無に関係なく、内視鏡で粘膜のただれ(食道炎)があると「びらん性」といいます。中でも、炎症が強く、粘膜がただれている状態を「逆流性食道炎」と呼びます。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文855文字)