医療・健康Tips

復職を支えるうつ病リワークプログラム

  • 文字
  • 印刷

 うつによって会社を休職する人は増え続けており、復職後に再びうつを発症し、再休職や退職となってしまうケースも少なくありません。「リワークプログラム」は、うつで休職している人にスムーズな職場復帰を促すとともに、再休職の予防に有効。企業からも注目が集まっています。

 うつの患者数は、この20年ほど増加傾向にあります。以前は中高年に多い病気と言われていましたが、現在は若い世代の患者数も増加。特に、休養と服薬によって比較的すぐに症状は治まるものの、仕事に戻ると再発してしまう「軽症うつ」のケースが多くみられます。

 実際、労働政策研究・研修機構の2013年の調査では、メンタルヘルスに起因する休職者の50%以上が再発を繰り返しているという結果が出ています。

この記事は有料記事です。

残り2994文字(全文3319文字)