医療プレミア特集

肌を守る「フィラグリン」とは

  • 文字
  • 印刷
 
 

 空気の乾燥が進む季節、赤ちゃんや小さな子どもはアレルギー症状を予防する上でも、大人以上にクリームなどで肌を守る必要があるといいます。わかばひふ科クリニック(東京都武蔵野市)の野崎誠院長に、アレルギーとの関連で注目されている物質や、スキンケアの留意点を聞きました。

乳児期の皮膚炎とアレルギー・マーチの関係

 診療の現場で見る限り、アトピー性皮膚炎の患者は今も増えていると感じています。肌には、乾燥を防ぐ保湿と、外部から異物の侵入を防ぐ保護の機能が備わっています。乳幼児は大人に比べると皮膚の層が薄いだけでなく、そうした機能もまだ十分働いていません。多くの人は、思春期を過ぎると安定して機能するようになるのですが、持っている遺伝子の異常により、保湿成分をうまく作れない人、いわゆる肌の弱い人が一定数います。

 乳児期にアトピー性皮膚炎を起こすと、それが引き金となり、食物アレルギー、ぜんそく、鼻炎……と成長につれてさまざまな症状が連鎖する「アレルギー・マーチ」が起きると考えられています。皮膚炎で肌の保護機能が低下し、外から進入する異物への免疫反応が過剰に引き起こされる可能性です。

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1816文字)