ヘルスデーニュース

「自然に潤う」コンタクトレンズ

  • 文字
  • 印刷
ドライアイに悩む女性
ドライアイに悩む女性

 コンタクトレンズを使う人の多くが「目が乾く」という悩みを持っているが、その解決に近づく新しい技術が開発された。電気の力でコンタクトレンズの表面に涙の膜を作り、しかもそれに必要な電気もコンタクトレンズ自体が発生するという。東北大学大学院工学研究科の西澤松彦氏らの研究によるもので、詳細は「Advanced Materials Technologies」11月28日オンライン版に掲載された。

 コンタクトレンズ使用中に生じるドライアイ症状に対して、これまでのところ、レンズ素材の保湿性を高める改良が続けられてきている。これに対して今回発表された新技術は、電気による保湿効果を利用する。液体と固体が接している部分に電圧をかけると液体が流れだす「電気浸透流」という現象があり、この電気浸透流によって、…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1370文字)