ヘルスデーニュース

脳卒中を車内で治療できる救急車

  • 文字
  • 印刷

 脳卒中を起こしているのに、搬送中の救急車が交通渋滞に巻き込まれるのは最悪の事態だろう。しかし、乗っているのが脳卒中の診断や治療に必要な検査機器や治療薬などを備えた「移動式脳卒中ユニット(mobile stroke unit;MSU)」なら話は別だ。米ウェイル・コーネル・メディシンのMatthew Fink氏らがニューヨーク市内の脳卒中が疑われる患者を対象に実施した研究から、MSUで搬送された患者は、通常の救急車で搬送された患者と比べて約30分早く救命に不可欠な治療を受けていたことが明らかになった。この研究結果は、「Journal of the American Heart Association」12月4日号に発表された。

 脳卒中治療は時間との闘いであり「30分で、元通りに回復できるか、まひが残るかが違ってくる」とFink氏は説明する。何らかの原因で脳の血管が詰まって脳卒中を起こすと、脳細胞に酸素が供給されなくなり、数分のうちに細胞が死滅していくからだ。脳卒中の中で最も多い虚血性脳卒中は、血栓が脳細胞への血流を遮ってしまうことが原因で起こる。

 Fink氏らは今回の研究で、救急要請があった脳卒中が疑われる患者のうち、MSUで病院に搬送された66人と、通常の救急車で搬送された19人の計85人を対象に、「アルテプラーゼ」と呼ばれる血栓溶解薬による治療の開始までにかかった時間を調べた。MSUは、虚血性脳卒中を正確に診断できる移動型CT装置とアルテプラーゼを積載した緊急車両で、脳卒中の診断と治療の訓練を受けた脳神経内科医が乗務していた。なお、ア…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1647文字)