今日のセカンドオピニオン

「腰椎すべり症」 どうすれば

  • 文字
  • 印刷

Q 腰椎(ようつい)すべり症で悩んでいます。足の裏に痛みが走り、右足がしびれていて、排便も困難です。どうしたらいいでしょうか。(大阪府羽曳野市、女性、89歳)

A 症状が軽ければ保存療法を選びます。コルセットを巻くなどして腰への負担を軽くし、鎮痛薬や、神経の興奮を抑えて痛みを取るブロック注射で症状の改善を図ります。それでも改善しなければ手術も検討します。金属などを使って腰椎を固定し、すべりを矯正します。

 腰椎は、五つの椎体骨が椎間板と交互に積み重なり、背骨の一部を構成しています。この椎体骨が前方にすべり出て、いろんな症状を引き起こす病気が「腰椎すべり症」です。

 腰椎すべり症は加齢に伴う変性すべり症と、元々ある分離すべり症(腰椎が、椎体と椎弓の間に分離がある状態)に分類され、多くは高齢者の変性すべり症です。すべり症は、動いてもあまり変わらない安定しているすべりと、動くとひどくなる不安定なすべりがあります。症状から、相談者は脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)を伴った腰椎すべり症だと考えられます。分離症や不安定性は、レントゲンで確認できます。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文883文字)