人生の筋トレ術

人生後半に備える 男の肌の曲がり角

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 忘年会に集合した大学の同級生たち。「よっ、ひさしぶり」「変わってないな」。乾杯のビールを飲み干したサトルさんは、会場の隅のほうですっかり年配となった恩師がたばこを吸おうとしているのに気づいた。気づけばその隣にも恩師が……。

 「先生方。どうも、どうも」と近づこうとした途端、「何言ってるんだよ、先生じゃないだろ」と隣の友人に引き留められた。「あっ、ホンダとヤマダ……」。よく見れば2人とも同級生だ。夏はテニス、冬はスキーと忙しく遊びまわり、いつも真っ黒に焼けていて、女の子にモテモテだったっけ。いったいなんでまたこんなに老けてしまったのか……。

この記事は有料記事です。

残り2587文字(全文2859文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。