医療・健康Tips

本格シーズン前に再確認  かぜのホームケア

  • 文字
  • 印刷

 かぜは、誰もがかかり得る身近な病気。かかってしまった場合に重症化するのを防ぐには、正しい知識を持ち、早めの段階で適切なホームケアを行うことが重要です。かぜのホームケアや予防のための習慣はインフルエンザ対策としても有効なので、ぜひ実践していきましょう。

「かぜ」は正式な病名ではない!

 一般的に広く使われている「かぜ」という呼び方は通称で、「かぜ症候群」「急性上気道炎」「感冒」などが正式名称にあたります。主に鼻からのどにかけての上気道の粘膜におこる急性の炎症を指し、鼻水やせき、のどの痛み、発熱などのさまざまな症状がみられますが、多くは数日のうちに軽快します。ただし、かぜが悪化して、新たなウイルスや細菌が体内に入り込むと、「扁桃炎」や「気管支炎」、「肺炎」などを引き起こすこともあるため注意が必要です。

この記事は有料記事です。

残り2835文字(全文3189文字)