ヘルスデーニュース

不眠症の一部は食事が原因?

  • 文字
  • 印刷

 摂取後の血糖上昇の速さの指標「グリセミックインデックス(GI)」の高い食品や糖質量「グリセミックロード(GL)」の多い食品が、不眠症のリスクと相関するとする報告が「American Journal of Clinical Nutrition」12月11日オンライン版に掲載された。米国人の約3割が悩まされているとされる不眠症だが、その原因の一部が高GI食品や高GL食品の取り過ぎの可能性があるという。

 米コロンビア大学のJames Gangwisch氏らは、閉経後女性の健康調査「女性の健康イニシアチブ(WHI)」研究の参加者を対象に前向き研究を実施。食事摂取状況(高GI食品や高GL食品、および果物や野菜などの特定の食物の摂取量)と不眠症の有病率・発症率の関係を検討した。対象者数は1994~1998年のベースライン時が7万7860人、3年間の観察期間終了時が5万3069人。

 対象者全体を日常の食事のGI値で五分位に分け、不眠症の有病率との関連を検討。すると、普段GI値が高い食事をしている群ほど不眠症の有病率が有意に高いことが分かった。具体的には、全ての交絡因子で調整後のオッズ比が、GI値が最も低い第1五分位群に対して最も高い第5五分位群では1.11だった(傾向性P=0.0014)。また、不眠症の発症率とも有意な関連が見られ、第1五分位群に対して第5五分位群のオッズ比…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1344文字)