ヘルスデーニュース

乳がん手術後の放射線照射「乳房の一部で大丈夫」

  • 文字
  • 印刷
乳がん患者の集いで、患者から悩みを聞く、乳がんを経験したサポーターたち
乳がん患者の集いで、患者から悩みを聞く、乳がんを経験したサポーターたち

 早期乳がん患者の術後の放射線治療において、部分的に高線量の放射線を照射する治療法「加速乳房部分照射(APBI)」と、標準治療である「全乳房照射」との間で、乳がん再発率は同等であったとする臨床試験の結果が報告された。研究を行ったフィレンツェ大学(イタリア)のIcro Meattini氏は、「APBIは全乳房照射と比べて安全性が高く、侵襲性が低い治療法だ。また、費用対効果が高く、治療期間も短縮できる」と説明している。研究結果は、サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS 2019、12月10~14日、米サンアントニオ)で発表された。

 米国がん協会(ACS)によると、早期乳がん治療では、腫瘍(しゅよう)とその周辺組織のみを切除する乳房部分切除術の後、放射線治療が行われることが多い。手術で腫瘍を切除してもがん細胞が残ってしまう可能性があるが、放射線治療を行えば残ったがん細胞を死滅させ得るからだ。

 全乳房照射では文字通り、乳房全体に放射線を当てる。治療期間は通常6週間前後で、最短で3~4週間、最長で7週間に及ぶ。使用する放射線が高線量だと、治療期間は大幅に短くなる。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1647文字)