今日のセカンドオピニオン

歯の骨隆起、治療必要?

  • 文字
  • 印刷

Q 歯科に通院するたび骨隆起を指摘されます。硬い食べ物が当たって傷になったり、奥歯の歯磨きがしづらかったりしますが、放置してもいいのですか。(埼玉県、女性、73歳)

A 骨隆起は粘膜が薄くなるので、歯ブラシが軽く当たっただけで傷ができるという問題や、骨隆起を取らないと義歯がうまく入らないことがあるため、患者さんの希望を聞いた上で切除します。

 骨には表面近くの硬い皮質骨と、内部にあるスポンジ状の海綿骨があります。骨隆起は外骨症とも呼ばれ、皮質骨が局所的に増殖してできた良性の腫瘤(しゅりゅう)で、通常は治療の必要がありません。

 よくできる場所は、下あごの臼歯から前歯にかけての舌側、上あごの真ん中にあたる正中部です。下あごの犬歯から臼歯にかけての頬側、上あごの臼歯の舌側、頬側にできることもあります。症状もなく増殖し、骨が大きく隆起する中高年になってから見つかるケースが多いです。良性の腫瘍とがん(悪性腫瘍)との鑑別が要りますが、骨隆起は触ると硬いのですぐに分かります。骨が巨大化した場合は、言語の発音に影響が出ることもありま…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文874文字)