現代フランス健康事情

「無職でも大丈夫」フランス人が楽観的な理由

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
ストライキ期間中の夜のシャンゼリゼ=筆者撮影
ストライキ期間中の夜のシャンゼリゼ=筆者撮影

 昨年12月5日に始まった公共交通機関などの大型ストライキの影響で、年の瀬のフランスは全土で大混乱だった。とはいうものの、クリスマスを前に街は巨大なツリーやイルミネーションで輝き、いつも通りの華やかさだった。

 プレゼントを物色する人たちでにぎわうデパートや街中で、働き盛りの年代の男性を見かける。そう、フランスではなぜか、平日の昼間に「仕事で移動中」以外の男性の姿が多い。愛犬をのんびり散歩させる人、ジョギングする人、店で買い物をする人、カフェで何時間もおしゃべりに夢中の男性もいる。

 いったい何をしている人たちなのだろう? 現地の人に尋ねてみると……。

フランスの完全失業率は8.6%

 フランス語の講師は「そうねえ、フランスは若年層の失業者が多いからかしら……」と言う。公務員のフィリップさんは「フランスは働いてないやつが多いんだ。日本では人目を気にするだろう? ここでは利己主義がまかり通っていて、政府の手当で生きていても恥と思わないんだ」と話す。

 警察官のカリムさんはこんな見方だ。「いろいろなかたちの働き方があるからだと思うよ。パートタイムとか、シフト勤務とか、自営業とか、在宅ワーカーもいるでしょう。不労所得者もね。日中ふらふらしていても失業者とは限らない。僕も夜勤担当だからこうして夕方子どもを迎えに行って、同じ警官で日中勤務の妻と交代して仕事に行くんだ」

 失業者という言葉が出てきたので調…

この記事は有料記事です。

残り2616文字(全文3216文字)

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。