医療・健康Tips

気づきにくい男性のがんの死因トップ、肺がん

  • 文字
  • 印刷

 肺がんはがんのなかでも最も死亡率が高く、日本では男性のがんの死因でトップ、女性では第2位で、年間約7万人も命を落としています(国立がん研究センター がん情報サービス)。症状に気づきにくく、発見されたときにはすでに進行しているケースも多いのが現状です。

リスク高める喫煙 受動喫煙で発生も

 11月は世界規模の取り組みとして、「肺がん啓発強化月間(Lung Cancer Awareness Month)」とされています。また、禁煙先進国の米国では毎年11月の第3週を「タバコ警告週間」にしていることもあり、2000年の国際肺癌学会で11月17日を「肺がん撲滅デー」として国際的に制定しました。

 肺がんは、肺や気管支などの粘膜に発生するがんで、とくに中年以降の男性に多く見られます。原因不明の場合もありますが、肺がんのほとんどにおいては、喫煙は発生リスクを高める危険因子であり、1日の喫煙本数が多いほど、また喫煙年数が長いほど、かかりやすいことは明らかとなっており、また受動喫煙によって発生することもあります。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1547文字)