ヘルスデーニュース

SNSは「患者の語り場」かデマの温床か

  • 文字
  • 印刷

 ソーシャルメディアの広がりとウェブサイトやアプリケーションの無限の資源が、人々の健康情報への飽くなき欲求と結びあうと、患者、医療従事者、研究者にとって強力なツールとなる。最近の調査によると、米国人の81%がスマートフォンを利用しており、ほぼ全員がコンピューターを保有しているという。さらに72%が何らかのソーシャルメディアを利用していて、69%がFacebook、37%がInstagram、22%がTwitterを利用しているとされる。

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1623文字)