ヘルスデーニュース

SNSは「患者の語り場」かデマの温床か

  • 文字
  • 印刷

 ソーシャルメディアの広がりとウェブサイトやアプリケーションの無限の資源が、人々の健康情報への飽くなき欲求と結びあうと、患者、医療従事者、研究者にとって強力なツールとなる。最近の調査によると、米国人の81%がスマートフォンを利用しており、ほぼ全員がコンピューターを保有しているという。さらに72%が何らかのソーシャルメディアを利用していて、69%がFacebook、37%がInstagram、22%がTwitterを利用しているとされる。

 米Penn Medicine CenterのRaina Merchant氏は、「ソーシャルメディアは、以前には成し得なかった方法での医療サポートを可能にし、情報を拡散する素晴らしいツールだ。ソーシャルメディアを通じて患者同士で何を話しているのか、何を心配しているのかを理解できる」と述べている。

 同氏はこれまでに、Facebookの投稿を分析し、健康問題や心理学的問題を検討したり、医療機関の評判を見比べたり、医療従事者がソーシャルメディアを使って患者の話を理解するために手助けするといった研究を行ってきている。しかし何百万ものツイートを分析した同氏が直面したのは、インターネットのジレンマと言える「デマ」だった。

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1623文字)