医療プレミア特集

若者に多いカフェイン中毒 過剰摂取で死者も

  • 文字
  • 印刷
 
 

 眠気やだるさを解消するとして市販されているカフェイン錠剤。これを乱用し、致死的な不整脈など急性中毒を引き起こす若者が増えていることが埼玉医科大学と日本中毒学会の調査で分かった。死亡した5人は全員20代で、分析にあたった埼玉医科大学病院救急センター・中毒センター長の上條吉人教授(臨床中毒学)は「カフェイン錠剤は過剰に服用すると不整脈で死亡することもある危険な薬だ。インターネットや店頭での販売に規制が必要ではないか」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文1932文字)