実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナウイルス 広がるいわれなき差別

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
横浜港の大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」。手を振る乗客の姿が見える。乗客乗員は計3700人以上で、新型コロナウイルスへの感染が確認された人もいた=2020年2月4日午後4時3分、本社ヘリから
横浜港の大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」。手を振る乗客の姿が見える。乗客乗員は計3700人以上で、新型コロナウイルスへの感染が確認された人もいた=2020年2月4日午後4時3分、本社ヘリから

 前回のコラムで、新型コロナウイルスについて、私が懸念していることの一つが「思い込みや偏見から来る差別」だと述べ、これを“2次被害”と名付けました。どうやら世間では、そして医療者の間でさえも、この「差別」が私の予想を超える速度で広がっています。

 まずは実際に太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)で経験した事例を紹介しましょう。

 その電話は大阪府内の、感染症診療の中核を担う病院からかかってきました。中国帰りの発熱の患者を診てほしいと言います。しかしその患者の住所は当院からかなり離れています。それにその中核病院からも相当な距離があります。

 この患者は、近くの診療所や病院を受診しようとしたものの「中国から帰ってきて、熱が出ている」と説明すると、すべての医療機関から断られました。そこで外国人を積極的に診ていて感染症診療の中核でもある、その大きな病院に相談したのです。この患者は中国人ですが、日本語がほぼ完璧にできます。武漢市から遠く離れた中国のある沿岸部に数日間滞在していて、帰国後に発熱と咽頭(いんとう)痛が生じました。しかし、せきはま…

この記事は有料記事です。

残り3513文字(全文3982文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト