ヘルスデーニュース

たくさん褒められた子は授業をよく聞く?

  • 文字
  • 印刷

 子どもを褒めて伸ばす教育方針を支持する研究結果が、米ブリガム・ヤング大学デビッド・O・マッケイ教育学部のPaul Caldarella氏らにより報告された。教師が、子どもの悪い点を叱ることより良い点を褒めることを重視すると、授業に対する子どもの姿勢が良くなる可能性が示されたという。研究結果の詳細は「Educational Psychology」1月29日オンライン版に掲載された。

 今回の研究でCaldarella氏らは、ミズーリ州、テネシー州、ユタ州にある19校の小学校(幼稚園も含む)の生徒2536人を3年にわたって観察した。生徒の年齢は5~12歳(全体の53%が男児)で、学級数の総計は151だった。

 解析の結果、教師が生徒を叱ることを控え、褒めることを増やせば増やすほど、教師の話に耳を傾ける生徒の数が増え、与えられた課題に対する集中力も高まったことが明らかになった。「褒める対叱る」の比率(教師が褒めた回数を褒める+叱責の総計で割ったもの)が最も高いクラスの生徒は、最も低いクラスの生徒と比べ、教師の話や課題に集中する時間が20~30%増えていた。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1456文字)