健康をつくる栄養学のキホン

感染症対策 「免疫力」に要注意

成田崇信・管理栄養士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 風邪やインフルエンザが流行するこの季節になると、風邪を予防する栄養素や食事法を紹介するテレビ番組やネット記事をよく見かけます。妥当なものももちろんありますが、中にはサプリメントの宣伝や根拠不明の民間療法を紹介するものも少なくありません。一般に免疫力を上げ病気の予防効果があるといわれる食品や栄養成分についても、実は根拠が不十分なことや効果が確認されていないものも多くあります。今回は免疫力を上げるといわれる栄養素や食品の関係性についてのお話と、実際に風邪をひいてしまった時の上手な食事法を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2823文字)

成田崇信

管理栄養士

なりた・たかのぶ 1975年東京生まれ。社会福祉法人で管理栄養士の仕事をするかたわら、主にブログ「とらねこ日誌」やSNSなどインターネット上で食と健康関連の情報を発信している。栄養学の妥当な知識に基づく食育書「新装版管理栄養士パパの親子の食育BOOK」(内外出版社)を執筆。共著に「各分野の専門家が伝える子どもを守るために知っておきたいこと」(メタモル出版)、監修として「子どもと野菜をなかよしにする図鑑 すごいぞ! やさいーズ」(オレンジページ)などに携わっている。