医療プレミア特集

新型肺炎 受診の目安公表 厚労相会見

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大を受け記者会見する加藤勝信厚生労働相=厚労省で2020年2月17日午後、喜屋武真之介撮影
新型コロナウイルスの感染拡大を受け記者会見する加藤勝信厚生労働相=厚労省で2020年2月17日午後、喜屋武真之介撮影

 新型コロナウイルスの感染確認が相次いでいることを受け、加藤勝信厚生労働相は17日午後、医療機関の受診の目安を発表した。37.5度以上の発熱が4日以上続く場合などは、各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」に相談した上で、センターが指定する医療機関で受診するよう求めている。記者会見の内容は以下の通り。【くらし医療部・横田愛、矢澤秀範】

 昨日の新型コロナウイルス感染症専門家会議の議論を踏まえ、その後調整してきた新型コロナウイルス感染症の相談、受診の目安を取りまとめた。手元に配布しているが、これはどのような方に、どのような場合に相談・受診いただくのが適切か、その目安を示すことで、重症化するリスクのある方を含め、必要な方が適切なタイミングで医療を受けられる、まさに重症化を防ぐための態勢を作ろうということで作ったものであります。

 もちろん個々の人の状況、例えばかかりつけ医のいらっしゃる方、あるいは基礎疾患で通院している方、そうした医療機関がある、それぞれの事情があると思う。これはあくまでも目安です。この目安を参考にして、かかりつけ医の方々などと適切に相談し、受診をしていただければと考えている。

 相談・受診の前に心がけていただきたいことがある。一つは、発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。二つ目として、発熱等の風邪症状がみられたら、毎日検温をして、その結果を記録していただきたいと思います。

 次に帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安ですが、風邪の症状で37.5度以上の発熱が4日以上続いた方、強いだるさや息苦しさ、呼吸困難がある方は、センターにご相談ください。また、解熱剤を飲み続けなければならない方も同様に考えていただきたいと思います。

 なお、重症化しやすい方、例えば高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある方や、透析を受けている方、また免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は、この状態が2日程度続く場合はセンターにご相談いただきたいと思います。妊婦の方については念のため、重症化しやすい方と同様に早めにセンターにご相談いただきたい。

 小児については現時点で重症化しやすいという報告はありませんから、新型コロナウイルスの感染症についてはこの目安を使っていただきたいと思います。

 なお、現時点では新型コロナウイルス以外の病気のほうが、圧倒的に…

この記事は有料記事です。

残り6697文字(全文7697文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。