ヘルスデーニュース

遺伝子を「編集した」免疫細胞でがんを治す試み

  • 文字
  • 印刷

 CRISPR/Cas9(クリスパー・キャス9)と呼ばれる遺伝子編集技術によって、腫瘍を攻撃する“デザイナー”免疫細胞を作り出すことに成功したとする研究結果を、米ペンシルベニア大学のCarl June氏らが「Science」2月6日オンライン版で報告した。米国でCRISPR/Cas9による遺伝子編集技術を、人間で試した初めての研究で、June 氏らは「がん治療でのCRISPR/Cas9利用に向けた第一歩」としている。

 CRISPR/Cas9は、細胞内のDNA(デオキシリボ核酸=遺伝子の本体)の一部を切り取ることや、損傷した遺伝子の修復、置換などを可能にする技術である。科学者たちは長年、CRISPR/Cas9の開発と研究を実験室で行ってきた。その目的の1つは、さまざまな疾患の根底にある遺伝学の解明を進めることだが、ゴールは「ある特定の遺伝子変異に起因する疾患を治療すること」、またがんに対してなら、「遺伝子操作により免疫システムを武装させてがん細胞を攻撃させること」である。

 今回の研究の目的は、この技術の安全性と実現可能性を検証することだった。研究では、多発性骨髄腫などのがん患者3人からT細胞を取り出し、CRISPR/Cas9を利用して3つの遺伝子(TRAC、TRBC、PDCD1)を除去した。次に、レンチウイルスを使って、がん特異的な合成T細胞受容体を導入した。この受容体を持つT細胞は、がん細胞が持つ「NY-ESO-1」と呼ばれる抗原を標的にするようになる。その後、…

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1867文字)