ヘルスデーニュース

遺伝子を「編集した」免疫細胞でがんを治す試み

  • 文字
  • 印刷

 CRISPR/Cas9(クリスパー・キャス9)と呼ばれる遺伝子編集技術によって、腫瘍を攻撃する“デザイナー”免疫細胞を作り出すことに成功したとする研究結果を、米ペンシルベニア大学のCarl June氏らが「Science」2月6日オンライン版で報告した。米国でCRISPR/Cas9による遺伝子編集技術を、人間で試した初めての研究で、June 氏らは「がん治療でのCRISPR/Cas9利用に向けた第一歩」としている。

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文1867文字)