医療プレミア特集

これでいい? 放課後の居場所

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 子どもの入学・進学シーズンを控えたこの時期、小学生の保護者にとっては、放課後児童クラブ(学童保育)や塾、習い事など、放課後の居場所も考えなければならない。小学校の校庭や公園も「ボール遊び」が禁止されたり不審者情報があったりと制約が多い。都市部では、企業が運営し、英会話などのプログラム、夕食、送迎もついた、いわゆる“民間学童”も増えたが、だれでも利用できる料金ではない。国は小学校の敷地や教室を活用しての放課後対策を進めているが、課題も指摘されている。【大和田香織】

この記事は有料記事です。

残り3736文字(全文3970文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。