実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナウイルス 元気でも「隔離」の覚悟を

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
船内から新型コロナウイルスの感染者が多く出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=横浜市鶴見区で2020年2月19日、滝川大貴撮影
船内から新型コロナウイルスの感染者が多く出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=横浜市鶴見区で2020年2月19日、滝川大貴撮影

 検疫法及び感染症法の施行令が改正され、2020年2月1日に施行されました。これにより政府は、新型コロナウイルスへの感染が確定した人を、強制的に入院させることができるようになりました。2月13日には検疫法施行令のさらなる改正が発表され、感染の疑いがある人には無症状であっても検査を強制できることになりました。これからは、どのような事情があろうが、たとえ一切の症状がなく元気であったとしても、新型コロナウイルス感染の可能性があると検疫官に判断されれば、船の中や医療機関などで待機させられる「停留」の状態にされることがありえ、さらに検査で陽性となればそのまま入院させられる「隔離」の措置を受けることになりそうです。こうなると、許可なく外出したり退院したりすることはできなくなります。

 行動の自由を奪われる機会というのは、刑事事件でも起こさない限りはそうありません。我々が当たり前のように享受している「移動の自由」や「プライバシーの自由」というのは近代社会が勝ち取った貴重でありがたいものであることを再認識させられます。

 他人に感染させ死に至らしめる可能性のある病原体を持っているなら隔離されて当然だ、という考えは当然でてきます。そして、確かに新型コロナウイルスはすでに世界中で2000人以上の命を奪っています。しかし現時点での日本人の感染者の重症度をみてみると、高齢の死者は出ていますが、全体としては軽症者が多く「季節性インフルエンザと大きくは異ならないのでは」という見方もあります。ですが(重症性はともかく)感染力が…

この記事は有料記事です。

残り3701文字(全文4358文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト