医療プレミア特集

新型肺炎 「早期終息は今の取り組み次第」 厚労相会見

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
マスクをした人たちが映り込む、新型コロナウイルスの影響で世界的に下落した株価を示す電光掲示板=東京・八重洲で2020年2月25日午前、小川昌宏撮影
マスクをした人たちが映り込む、新型コロナウイルスの影響で世界的に下落した株価を示す電光掲示板=東京・八重洲で2020年2月25日午前、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に備え、政府は25日、国民に対し、風邪の症状がある場合に外出の自粛を呼びかけるなど、対策に向けた基本方針を決定した。加藤勝信厚生労働相は記者会見で「感染を早期に終息させられるかどうかは、この時期の感染防止対策の取り組みにかかっている」と強調した。加藤厚労相の会見内容は以下の通り。【くらし医療部・梅田啓祐、吉永磨美】

 本日、政府対策本部が開催されました。昨日の専門家会合での議論を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を取りまとめました。現在、国内の複数の地域で感染経路が明らかでない患者が散発的に発生し、小規模な患者の集団が把握されています。まさに今が今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で極めて重要な時期であります。一つの患者の集団が次の集団を生み出すことを防止する。患者の増加のスピードを可能な限り抑制するとともに、今後の患者の増大に備え、重症者対策を中心とした医療提供体制などの整備を進めてまいります。この基本方針は、国や地方自治体、医療関係者、事業者、そして国民の皆さんが一丸となって、この新型コロナウイルスに立ち向かっていくための基本方針であります。

 多くの事例では、感染者は周囲の人にほとんど感染をさせていないとされています。しかし、一部には特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例があります。また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話をするなどの一定の環境のもとでは、せきやくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあるとされております。

 国民の皆様には、この新型コロナウイルスの特徴を踏まえて、以下のお願いをしたいと思います。

 一つは、感染の不安から適切な相談を行わずに医療機関を受診することがないようにしていただきたいということであります。もう一つは、先ほど申し上げたような感染しやすい環境に行くことを避けていただきたいということであります。また、手洗い、せきエチケットなどを徹底し、風邪の症状があれば外出を控えていただきたいと思います。やむを得ず外出をされる場合には、必ずマスクを着用していただくようお願いいたします。これには、休暇の取得、時差出勤やテレワークなどについて、企業や団体の協力も必要であります。これまで全国一律でのイベントの自粛要請を行うことはないと申し上げてまいりましたが、今後は患者の集団が確認された地域などでは、関係する施設やイベントなどの自粛を検討していただくこともお願いしてまいります。

 国は、患者の集団が発生している自治体に最大限の支援を行います。本日、北海道知事からの要請を受け、感染症の専門家の対策チームを現地に派遣いたしました。関係省庁と連携しながら、地域の感染拡大の防止を支援してまいります。この基本方針では、今講じている施策そして今後の状況の進展を見据えて講じていくべき施策を総合的に整理をいたしました。感染症対策では、あらゆる事態を想定しながら対策を講じていくことが重要であります。引き続き、先手先手の対応を進めていきたいと考えております。

 最後に改めて申し上げたいと思います。まさに今が今後の国内での健康被害を最小限に抑えるため、極めて重要な時期であります。どうか国民の皆様方のご協力を重ねてお願い申し上げます。

Q:説明された基本方針だが、多岐にわたった項目が並んでいる。策定にあたってどこを重視したか。また、国民にわかってほしい点は。

A:感染を早期に終息させられるかどうかは今まさにこの時期の感染防止対策の取り組みにかかっている。その点は、専門家会議の皆さん方とも意見が一致したところだ。感染防止の取り組みはもちろん、国や地方団体、医療関係者など、それぞれがご努力をいただいているが、それだけで十分な効果があるということではない。適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染し…

この記事は有料記事です。

残り6310文字(全文7910文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。