今日のセカンドオピニオン

頸椎椎間板ヘルニア 注意点は

  • 文字
  • 印刷

Q ある朝突然、首に痛みを感じました。半月以上治らず整形外科で頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアと診断されました。治療法や留意点を教えてください。(茨城県、女性、78歳)

A 治療は、軽い痛みであれば強めの消炎鎮痛剤、眠れないほど痛みが強ければ、習慣性にならない強力な麻薬系鎮痛剤を使います。便秘や吐き気の副作用があるので、吐き気止めを併用します。

 頸椎椎間板ヘルニアは、首の部分の背骨(頸椎)をつなぐクッションの役割をする椎間板が後ろ側に飛び出し、脊髄(せきずい)や上肢に伸びる神経を圧迫して首などに痛みを引き起こす病気です。肩から腕、肩甲骨の痛みや手のしびれ、筋力低下を伴うこともあります。初めは寝違えた時と変わりませんが、時間がたつと痛みが肩、腕、上肢に広がります。30~40代に多く、若者や高齢者もなりますが、子どもは極…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文918文字)